メッセージ

ぜひ、安倍政治にNO!の一票を。

 民主党公認候補の「村尾ひでとし」です。

 私は、一人で3人の子供たちを育てる父親です。
大学卒業後、仕事でニューヨークに渡り、金融機関や証券会社でキャリアを積みました。ロンドン大学大学院で東アジア政治の修士号を取った後は、日本に戻り、専門学校で政治経済を教えています。訳あって、国際結婚だった妻とは、別の道を歩むことになりましたが、子供たちを育て、一所懸命、人生を歩んできました。いわゆる「シングル・ファーザー」です。

 ふと、気づけば51歳。長く私が抱いてきた社会への思いを訴え、世に問いたいという気持ちを抑えることができなくなりました。

 私は、安倍政権に強い不安と憤りを感じています。
安倍政権がやってきたことを思い出してください。特定秘密保護法で強行採決を繰り返し、集団的自衛権問題でも国民の多数が反対しているにも関わらず、閣議決定による解釈変更を強行。乱暴な政権の本質が明らかになりました。  新エネルギー政策の転換や、「働く」という尊い行為を単なる「労働力」としてしか考えない労働者派遣法に象徴される労働保護法制に対する動きも然り。安倍政権は、国民の思いをくみ取ろうとする姿勢に、根本的に欠けています。

 あなたの心は、ざわついていませんか?
 安倍政権に「不安」、「不満」、「不信」を抱えていませんか?
 今こそ、流れを変える時です。
 未来世代の父親として、人生を大切に歩もうとする一人の市民として、そしてみなさんの声を受け止める代弁者として、私は一念発起します。
 あなたの生活に寄り添い、一所懸命に生きる国民の気持ちを大切にする。そんな政治を取り戻すために、一緒に立ち上がりましょう!

政策

アベノミクスからの転換。「厚く、豊かな中間層」を復活させる 雇用をつくり、所得を増やし、暮らしを安定させます。日本の社会を支える中間層を厚く、豊かにして、格差を是正します。
01 経済
「国民生活に十分留意した柔軟な金融政策」。「生活不安を希望に変える人への投資」。「未来につながる成長戦略」。これが経済対策の3本柱です。未来への責任を果たすため財政健全化を進めます。
一人ひとりを尊重し、共に生きる社会をつくる 安心して学び、働き、多様性を認めつつ支え合う社会、女性も男性も能力を発揮でき、すべての人に居場所と出番がある社会をつくります。そのために「人への投資」を積極的に行います。
02 社会保障
少子高齢化・人口減少、非正規雇用の増加等に対応し、社会保障制度への信頼を回復します。
03 雇用
働く者の立場に立ち、雇用の質を高めます。労働法制の改悪を阻止し、雇用の安定を確保。誰もが心身ともに健康に働ける環境を整備します。
04 教育
教育の質を高め、誰でも学べる社会をつくります。義務教育の35人以下学級を堅持するとともに、所得制限のない高校授業料無償化、返済の必要のない「給付型奨学金」の創設を目指します。
05 女性・共生
男女共同参画を進めます。多様性を認める社会をつくります。男女間の待遇格差を是正し、ひとり親家庭への支援を強化します。
地域の声に耳を傾け、ふるさと再生 住民の不安を取り除き、ふるさとの雇用を創出し、持続的成長を実現します。大震災からの復興と原子力発電所事故からの再生なくして日本の再生はありません。
06 震災復興
被災者に寄り添って、震災復興、原発事故被災地の再生をやり遂げます。
07 原発・エネルギー
2030年代原発ゼロに向け、あらゆる政策資源を投入します。
08 食の安全・安心
食の安全・安心を守り、国内農業を復活します。米価急落で危機に瀕する国産米を安定させ、安全な食を守るため、農業者戸別所得補償制度を法制化します。TPPには徹底した情報公開を求め、脱退も辞さない厳しい姿勢で臨みます。
専守防衛と平和主義を堅持する 国民の生命財産、我が国の領土、領海、領空を守ります。集団的自衛権の行使を容認した閣議決定は立憲主義に反するため、撤回を求めます。
09 外交・防衛
責任ある防衛、戦略的な外交を推進します。アジアの安全保障環境が変化する中、近隣諸国との信頼醸成と関係改善を進め、戦略的な外交の展開を図ります。
身を切る改革を断行する
10 身を切る改革
国民との約束を守り、政治への信頼を回復します。議員定数の削減、一票の較差是正を進めます。

村尾ひでとしのプロフィール

「村尾ひでとし」は、こんな人!

 村尾英俊(むらお・ひでとし) 1963(昭和38)年生まれの51歳。

学歴
・同志社大学文学部(哲学専攻) 1988年卒
・同志社大学法学部聴講生 1988〜89年
・英国ロンドン大学政治学部大学院(修士課程・東アジア政治専攻) 2001年修了
職歴
大学卒業後、90年に投資顧問会社に就職。92年から米ニューヨーク駐在。同社退社後、ニューヨークで邦銀現地法人や山一証券、野村興銀インベストメント・アドバイザーズで勤務。2000年からは翻訳の仕事をしながら、英国ロンドン大学大学院へ。修士号取得後、帰国し、2002年から専門学校講師。
役職
民主党宮崎県連政策委員、民主党宮崎県第1区総支部副総支部長
著書
・日本人が知らなかったアメリカの謎(中経文庫 2013年)
・最初でつまずかない経済学ミクロ編、マクロ編(実務教育出版 2010年、2011年)
・世界経済のカラクリ(学研新書 2009年)
・アメリカを理解するためのハンドブック政治経済編(鳥影社 2001年) など
家族
長男(大学2年)、長女(高校1年)、二男(中学2年)